「この日」限定のおまんじゅう


富山県には「山王祭(さんのうまつり)」という日枝神社の例大祭が毎年5月31日から6月2日まで催されます。
富山県内でいちばん規模の大きいお祭りです。
このお祭りが近づいてくるとそわそわする人が多いです。
私もそのうちのひとりです。
なぜかというと、いろんな屋台などがたくさん並ぶこともそうなのですが、あるおまんじゅうを楽しみにするからです。

これは「朔日(ついたち)まんじゅう」と呼ばれています。
甘酒を中に入れた甘酒まんじゅうです。
毎年行なわれる山王祭に合わせて、毎年6月1日に販売されます。

実はこのおまんじゅうは一年を通して販売されています。
でも「6月1日」に販売されるおまんじゅうだけは「特別」なのです。
このおまんじゅうを6月1日に食べると1年間無病息災で過ごせると言われているのです。
ですから多くの人がこの日にこれを買い求めます。

私も食べたくてたまりませんでした。
1ヶ月以上前からソワソワしていました。
でも「自分で買いに行くのは面倒だな。でも食べたいな」と心の中で葛藤していました。

当日になりました。
「買いに行こうか、どうしよう」と思案していたら、外出していた夫が帰ってきました。
「ついたちまんじゅう、買って来たよ」
私はとてもうれしくて満面の笑みで受取りました。
おいしかったです。これで一年間、私は無病息災です。